Blog&column
ブログ・コラム

勉強に向いてるお菓子とは?

query_builder 2021/05/01
コラム
chocolate-shaving-chopped-chocolate-hacked

自宅でひたすら勉強していると、無性にお菓子が食べたくなることありませんか。
それは、勉強で頭を使うとエネルギーとなるブドウ糖などの栄養素が消費されてしまいお腹が空いたと感じてしまうからなんです。
どうせ食べるなら、勉強の効率がアップする脳にいいお菓子を食べたいですよね。
ここでは、そういった勉強中に向いているお菓子をご紹介したいと思います。

▼勉強中に食べると脳にいいお菓子とは?

勉強中に食べると脳に良いお菓子は以下のようなものがあります。

・ブドウ糖の飴
先述した通り、頭を使うとブドウ糖が消費されてしまうので、補給するためにブドウ糖の飴を食べると良いでしょう。
脳にも良いですし、リフレッシュにもいいですよ。
・ブラックチョコレート
チョコレートにもブドウ糖が含まれており、その他にもポリフェノールやテオプロミンなどが含まれています。
テオプロミンは脳の血流を活性化させてくれます。ただし、チョコレートを食べ過ぎてしまうと,肥満の原因にもなりますので、糖分が少ない高カカオのチョコレートを食べる事をお勧めします。
・大豆
大豆に含まれているレシチンは記憶力、思考力、暗記力、脳の活性化に繋がり、勉強の強い味方です。
大豆はお菓子というイメージがないかもしれませんが、店頭で大豆スナックなどありますのでそういったものを摂取するとよいでしょう。
・グミ
最近ではハードグミなどもあり噛み応えのあるグミが増えていますが、グミはよく噛んで食べるため脳への血流を良くし、集中力のアップにもつながります。
又、ビタミンCやコラーゲンも豊富に含まれているので、目や美容効果も期待できます。
・ナッツ
ナッツはカロリーの高いもの、というイメージがあるかもしれませんが含まれている油は不飽和脂肪酸といって良質な油です。
脳を活性化させたりイライラを抑えたりなどなど様々な効果があります。
糖質制限などのダイエットにもよい食品なので、勉強中の夜食にも向いています。但し、選ぶなら無塩で素焼きのものを選びましょう。

▼まとめ

今回は勉強中に向いているお菓子についてご紹介しました。
意外と食べられるものがたくさんあって嬉しいですよね。
脳にも身体にも良い効果をもたらしてくれるので、何か食べたくなったら上記を参考にしてみて下さいね。

NEW

  • 次の「Teach ラボ」は,8月25日(水)です

    query_builder 2021/08/19
  • 算数の初歩で,ものの個数を数えるときの3つのステップ

    query_builder 2021/08/01
  • 次の「Teach ラボ」は,7月28日に開催します。算数の教材教具の作り方と使い方についてです

    query_builder 2021/07/16
  • 作文が苦手な小学生,書き方のポイント3つ

    query_builder 2021/07/10
  • 次の「Teach ラボ」は,7月7日(水)に,算数の基本のきについて開催します

    query_builder 2021/07/01

CATEGORY

ARCHIVE